スナック「ですとろい」

家庭菜園、レトロなもの、音楽など気の向くままに書いてます。

冬のベランダ菜園~小松菜投入と万能ねぎ発芽

11月も半ばになり、朝晩はだいぶ寒さを感じるようになってきた。暑がりなのでいつも10月後半まで半袖を着ているのだが、さすがに最近は長袖カットソーを着るようになり、ああ、すっかり秋なのねとしみじみするようになった。

これから寒くなる季節に向けて、ベランダで何を植えようかとここしばらく迷っていた。ニンニクや玉ねぎのように冬を越す野菜にするか…でも、玉ねぎは実家の畑にすでに植えたし…ということで葉物野菜にターゲットを絞って考えてみた。育てやすいほうれん草、水菜、小松菜あたりが良いかなと思い、まずは種がまだ残っていた小松菜を植木鉢に植えることにした。小松菜の種まきは10月中くらいまでと書いてあるものが多いのだが、この時はまだ11月初めで暖かい日が多かったので大丈夫かと思い決行。

 

f:id:djangoro:20201115184051j:plain

空いている長方形のプランターがなかったので、六角形の植木鉢を使用。本当は土に筋状の溝を掘ってそこに種を植える「すじまき」というやり方で植えるのだが、筋をつけにくいので、植木鉢にパラパラと種をまき、土をかぶせるというやり方にした。小松菜は、アブラナ科の野菜である。生育に適した気温は10~30度くらい。風通しの良い日なたで育てるのがベストだそうだ。ということで日の当たる位置に植木鉢をセット。

それから約10日ほど経った。ちらほらと双葉が出始めている。

f:id:djangoro:20201115185005j:plain

まだ少ししか出ていないが、もう少し出揃ったら発育の良くない双葉を間引きし、間引き後1週間ほどしたら化成肥料を追肥する予定だ。

この間植えた万能ねぎは着々と芽が出てきている。

f:id:djangoro:20201115185429j:plain

まだちょっと頼りないなあ…。上からガサツに水やりすると倒れてしまうので、今はまだそっと水やりをするようにしている。どこまで育つか楽しみである。