脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロや家庭菜園、あれこれ手づくりにいそしむアラフォーの隠れ家

40代、腹巻デビュー

先日、生まれて初めて腹巻を買った。年末くらいからなんとなく胃腸の調子が悪いことが多く、いつも胃のまわりが冷えているような感覚になっていたからだ。温めれば痛みがやわらぐのだがカイロだとちょっと熱い。腹巻ならちょうどいいかも、というわけで近所のスーパーへ。

最近の腹巻はオシャレらしい、と噂には聞いていたが、ま、そうはいっても腹巻…とあまり期待していなかった。が、実際見てみると、チラッと見えてしまっても違和感がないオシャレなものやシンプルなデザインが多く、思わず2枚買ってしまった。
 

f:id:djangoro:20200314190402j:plain

最初は気休め程度かなと思っていたが、着けているとたしかに冷えにくいと実感。肌着1枚で1℃違うらしいので確実に効果はでているのだろう。これが最近よく聞く「温活」ってやつか。
実際、腹巻を使うと体にいいことが多く、冷えの改善以外にもこんな効果があるそうだ。
 

腹巻の効果

代謝のアップ
・免疫力もアップ
・おなかの調子をよくする
・肩こりが軽くなる
・美容にいい
・ダイエットにも効果あり など
 
なんだか都合いいことばっかりなので腹巻業界の陰謀か…と思ったが、いずれも「温める→代謝が上がる→血行が良くなる」ということがこうした効果につながるらしい。太りやすくなったり、おなかの調子が悪くなるなど、40過ぎてから今までなかった不調が急に多くなってきたのだが、年齢的に代謝が落ちてくる→体が冷えやすくなる→あちこち不調になる、っていう負のスパイラルに陥っていたのかも。
 
ただし、温まるからといって1日中着けっぱなしなのはかえって良くないそうだ。腹巻には効果的な着け方というのがあるらしい。

腹巻の効果的な着け方

・ウエストの上から腰までしっかり覆う
→広い範囲をカバーしよう!

 
・肌着の上から着ける
→肌着の上に重ね着することで、空気の層ができてより暖かくなる。
 
・着けっぱなしにしない
→ずっと着けたままだと体温調節機能が鈍くなってしまうので注意!   
 
冷えの度合いにもよるのだろうが、仕事中だけ、とか外出時だけのように冷えを防ぎたいタイミングで効果的に使ってみようと思う。


 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ