脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロや家庭菜園、あれこれ手づくりにいそしむアラフォーの隠れ家

【果実酒】今シーズン最後のレモンでレモン酒を作る

年末に実家で採ったレモン。冷蔵庫で保存していたのだが、さすがにだいぶ皮が固くなってきた。あと6個残っているし、そろそろ何か加工しないとなぁと思ってあれこれレシピを調べてみたが、お菓子だと使ってもせいぜい1個。

大量消費となるとジャムか果実酒…ということで今回はレモン酒を漬けることにした。
皮をむいて輪切りにして漬け込むというのがオーソドックスだが、以前、知り合いの方が作っていた果肉のみ漬ける方法に挑戦してみた。レシピはイメージにしっくりくるものがなかったので、適当に作ってみた。
 

材料

レモン6個
氷砂糖
 

作り方

1 レモンの皮を剥き、タネを取って小さめにカットする。

f:id:djangoro:20200223235424j:plain

2 フードプロセッサーで細かくする。
 
3 分厚い皮が結構残るので、取り除いて果実のみにする。
 
4 細かくした果実を瓶に入れ、同量の氷砂糖を入れる。
果実のみだと結構かさが減るので氷砂糖も同じくらいで大丈夫かな…と。
切り落としたレモンの端っこも、もったいないので絞ってびんに入れる。

f:id:djangoro:20200224001023j:plain

5 びんいっぱいにホワイトリカーを入れ、しばらく寝かせる。

f:id:djangoro:20200224124430j:plain

 
薄皮が意外と分厚く、細かくならずに残ってしまったため、皮を取り除く作業が必要になってしまった。ちょっと想定外。
今回、外側の黄色い皮を入れていないので苦くはならないだろうと思う。むしろ、氷砂糖がやや多い気がするので、ちょっと甘めの仕上がりになりそうだ。
1カ月ちょっと寝かせてから調整してみるつもりだ。「味見」と称してついつい飲みすぎないようにしなくては…。
 
 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ