脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロや家庭菜園、あれこれ手づくりにいそしむアラフォーの隠れ家

【料理下手の作り置き】いちごジャム

無性に喫茶店みたいなメニューが家で食べたくなった。焼きたてのトーストにたっぷり塗ったいちごジャムと、挽きたてのコーヒーという王道の組み合わせなんてもう最高。 別に普通のいちごジャムを買ってきても良いのだが、それじゃあいつもの朝食になってしま…

プラチナ万年筆のプレジールがお手ごろなのに書きやすい

ちょっと前から万年筆が気になっている。ポップなデザインでお手ごろ価格のものや、おしゃれなインクが最近多く、さほど文房具に興味がなくても欲しくなるような魅力的なものがたくさん出ている。 ふと、頂き物の万年筆が家にあったことを思い出した。かなり…

40代、腹巻デビュー

先日、生まれて初めて腹巻を買った。年末くらいからなんとなく胃腸の調子が悪いことが多く、いつも胃のまわりが冷えているような感覚になっていたからだ。温めれば痛みがやわらぐのだがカイロだとちょっと熱い。腹巻ならちょうどいいかも、というわけで近所…

【料理下手の作り置き】スコーン

食べることが好きだ。呑むことも好きだ。だが、料理は下手である。 最近は自分で何か作るのが面白くなってきたので、料理もするようになったし少しは上達したのだが、「食べられるかどうかギリギリアウトのレベル」が「美味くもないが、不味くもない」という…

【果実酒】今シーズン最後のレモンでレモン酒を作る

年末に実家で採ったレモン。冷蔵庫で保存していたのだが、さすがにだいぶ皮が固くなってきた。あと6個残っているし、そろそろ何か加工しないとなぁと思ってあれこれレシピを調べてみたが、お菓子だと使ってもせいぜい1個。 大量消費となるとジャムか果実酒……

【散歩】外苑界隈をぶらぶら散歩〜聖徳記念絵画館からイチョウ並木へ

先日、外苑方面に用事があり外出した。天気が良かったので、終わったあとまっすぐ帰るのはなんだかもったいなくてぶらぶらと散歩することにした。 にこにこパークを横目にずんずん歩いていたところ、立派な巨大建造物が出現。「聖徳記念絵画館」という美術館…

追いかけてヨコハマ/桜田淳子

1978年2月にリリースされた桜田淳子22枚目のシングル。昔、実家の車にあったヒット曲を集めたカセットでよく流れていたなぁ、と懐かしい気持ちで風呂で口ずさんでいたのだが、出だししか覚えていなかった。とりあえず、気が済むまで出だしだけエンドレスで歌…

【料理下手の作り置き】柚子が大量に取れたので柚子ジャムと柚子胡椒にした

今年も実家の庭の柚子が豊作だった。年末年始の休み中に軽く60〜70個は採っただろうか。 自転車の前後のカゴに大量の柚子を詰め込んで帰宅したが、どうやって保存しようか途方に暮れた。冷蔵庫に全部は入りきらないし、かといって短期間で使い切れるとは到底…

ダイアナ/ポール・アンカ

1957年リリースのポール・アンカのデビュー曲。親世代の方からは「ずいぶん古い曲なのによく知ってるねえ」と驚かれるのだが、吹奏楽やビッグバンドではわりと定番の曲なのでミュージックエイトの楽譜で演奏したという人も多いのではないかと思う。 ポール・…

間引きしたレモンの有効活用~はちみつレモンを作る

実家にあるレモンが今年は豊作になりそうだ。 まだ青いので、写真では葉っぱと見分けがつかないのだが、たくさんの実がなっている。昨年は例年にない凶作で「どうしたんだろうねぇ」と母と首をかしげていたのだが、冬場や春先にちょこちょこと剪定したことが…

キャンディ/原田 真二

この曲も最初の記憶は「スターものまね王座決定戦」だ。「なんだか不思議な雰囲気の曲」という印象が子供心に残っていた。あと、もじゃもじゃのカツラ。 レコード屋で見つけて久々に…というかものまね版しか聴いたことがなかったので、本物を聴いてみたくな…

栗がたくさん収穫できたのでひたすら茹でて保存した

親戚の家に栗の木がある。親族がとても少ないわが一族。栗拾いできるのは両親と私くらいしかいないため、この季節になると木の手入れを兼ねた栗拾いがおこなわれる。 「親戚の家で栗拾いができる」というとのどかで楽しそうなイメージを持たれることが多いの…

ああ電子戦隊デンジマン/成田 賢

戦隊モノで一番古い記憶がある作品が「電子戦隊デンジマン」だ。幼稚園で同じクラスの子たちが「じゃんごろーちゃん、でんじぴんくねー」とデンジマンごっこの仲間に入れてくれるのだが、決めポーズの再現ができず四苦八苦していた。当時は、完璧に再現でき…

唐辛子の収穫開始

春先に植えた唐辛子がぼちぼち収穫できるようになった。 昨年はまったく辛みがなく、「本当はししとう」疑惑まで浮上するような有様だった。今年はアブラムシに襲われないよう葉には霧吹きで水をかけまくり、土には水を遣りすぎないよう用心に用心を重ねて育…

非常時だけでは勿体無いLEDランタン3選

非常用のラジオ付き懐中電灯が壊れてしまった。スマホにライトはついているし、ラジオもRadikoをダウンロードすればどうにかなるのだが、長時間使えるわけではないのでスマホだけでは心もとない。 最近、台風や地震といった大きな災害が続いているのでライト…

医者が教える食事術 最強の教科書/牧田 善二

股関節を痛めたためダイエットを決意した。「さすがにちょっと太ったから痛めたんだろうな~」と軽い気持ちでネットで調べていたところ 「体重が1キロ増えると股関節や膝には4キロの負荷がかかる」 と書いてあり、ゾッとしたのがきっかけだ。 noumiso-kaihou…

プラード珠玉集~第4集/ぺレス・プラード楽団

先日の「カント・シボネー」と一緒に購入した1枚。タイトルの「プラード珠玉集」のレトロなフォントや写真がツボでこっちもつい買ってしまった。人生で初めて買ったCDがぺレス・プラードだったためか、今でもなんだか気になる存在。このままではぺレス・プラ…

ワインは飲みたいが頭痛は嫌なので対策を考えた

ワインは好きなのだが、銘柄によっては頭痛になるため新しい銘柄を開拓するのがなかなか難しい。 noumiso-kaihou.hatenablog.com とは言え、肉料理の時は安くて美味いワインを飲みたいし、たまにはチーズとワインで上品な大人の晩酌もしてみたい。 というわ…

カント・シボネー/ぺレス・プラード楽団

昔バンドでよく演奏した馴染みの曲。懐かしさとジャケットのレトロさに惹かれて買った1枚。 学生の頃にいたのはビッグバンドで、迫力のあるアレンジばかり演奏していたためか、メロディーラインがフルート(と思しき楽器)のみというアレンジが柔らかく、新…

ベランダ菜園にサラダレタスミックスとほうれん草を投入

野菜が足りん、もっと葉物野菜が欲しい!と思い、ベランダ菜園に2種類の野菜を追加投入した。サラダレタスミックスとほうれん草だ。この2種類にしたのは、どちらも育てやすく、忙しくても手入れしやすそうだからだ。 サラダレタスミックス 3週間ほど前に種ま…

ハバナのベートーヴェン/Joachim Horsley

タイトルだけではまったくイメージがわかなかった1曲。ハバナに住んでるベートーヴェンみたいな天才、あるいはハバナにいる髪の毛もじゃもじゃの人をモチーフにした陽気な曲なのかと勝手に想像していた。 しかし、曲を聴いてみると久々に震えがきた。重厚な…

レコードプレーヤーの手作りセット

最近、何かものづくりをしたいという思いが渦巻いている。果実酒をはじめとした食品加工や日用品、工芸もいいな…と何を作ろうかあれこれ探している。 楽器の工作キットも面白そう、と検索してみたがピンとくるものはなく、レコード関連で何かないかと探して…

命くれない/瀬川瑛子

亡くなった祖母が大好きだった曲。そんな理由で、夏の歌じゃないのにお盆の時期になると思い出す。よくカセットテープでかけていたので、ばあちゃんリスペクトで買った1枚。 1986年3月リリース。発売当初は全然売れなかったそうだが、有線でじわじわと人気が…

Banderas Mambo/BANDERAS

2014年結成のラテンバンド。ラテンだけではなく、ファンク、レゲエなどさまざまなバックグラウンドを持っているメンバーが集まっている。見た目はストリート系だが、しっかりラテン。でもストリート系の雰囲気もちょっとあったりする。 この「Banderas Mambo…

きんかん酒の果実でママレードを作る

実家にあるきんかんの木。昨シーズンは豊作で、母が知り合いの方におすそ分けしたところきんかん酒に進化して戻ってきた。 「じゃんごろーちゃん、お酒好きだから」ということで作ってくださったそうだ。いやー本当にありがたい。この知り合いの方はお酒は全…

ひとりの夜を短歌とあそぼう/穂村 弘 東 直子 沢田 康彦

表現力が乏しい。もっと感情を表現したいと思うのだが、そもそも自分の感情とか本音がこの歳になってもイマイチよくわからない。まだまだこのブログのテーマでもある脳みそ解放には程遠い。 これはいかん。自分の感情を表現する方法は何かないか…と探してい…

ダイソーのミニバランスボールでリハビリ始めたら思いのほか使いやすい

何もしていないのに股関節を痛めてしまった。足を伸ばしたり、あぐらをかこうとすると痛みが走る。1か月経っても治る気配がなく、先日ついに病院に行った。 先生「スポーツは何かしていますか?」 私「いえ、全く…。」 先生「おそらく、長年の使用で軟骨が少…

かけめぐる青春/ビューティ・ペア

世代的には女子プロレス=クラッシュ・ギャルズとか極悪同盟なのだが、曲としては「炎の聖書」よりもこの「かけめぐる青春」のほうが印象が強い。リアルタイムで観ていたわけではないが、曲の始めの「ビューティー・ビューティ・ビューティ・ペア〜」は知っ…

ベランダ菜園への飽くなき欲求 ― 唐辛子、ピーマン、バジル、パセリのお手入れ

最近、野菜を植えたい衝動に駆られている。スローライフとかロハスとかいうガラじゃないので、年のせいなのか、あるいは先祖代々農家の血が騒ぐようになったのか。 しかし、仕事が忙しく市民農園などを借りて本格的な家庭菜園、というのはすぐにはできそうに…

Mi China Colombiana/Tromboranga

みんなで香港映画ごっこをやっちゃいました的なノリの、ちょうどいい悪ふざけ感のあるMVがいいなと思った1曲。ちょっと中国っぽいフレーズをいれつつも、しっかりハードなサルサなところもいい。 Tromboranga "Mi China Colombiana" video oficial どういう…