脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロやラテンが流れる、脳みそを解き放つ仮想スナック

ダイアナ/ポール・アンカ

1957年リリースのポール・アンカのデビュー曲。50年代の曲なので「ずいぶん古い曲知ってるねえ」と驚かれることもあるのだが、吹奏楽やビッグバンドではわりと定番の曲なのでミュージックエイトの楽譜で演奏したという人も多いのではないかと思う。

f:id:djangoro:20180930202322j:plain

ポール・アンカは1941年カナダ生まれ。1957年、16歳の時にこの「ダイアナ」でデビューした。自身の弟のベビーシッターをしていた女性への恋心を歌ったもの、とされているが、同級生からヒントを得た、とか教会で出会った少女からヒントを得たなど諸説あるようだ。

日本ではロカビリーブームに乗ってこの曲がヒットしたそうだ。ロカビリーといえばエルヴィス・プレスリー(と尾藤イサオ)というイメージだったので、「ダイアナ」もロカビリーだったんだ、という印象だ。

高校の吹奏楽で演奏したことがあるのだが全然原曲を知らずに演奏していたので、きちんと曲を聴くのは今回が初めてかもしれない。軽快なリズムと親しみやすいメロディー。16歳で作詞・作曲したデビュー曲とは思えない完成度だ。

高校時代、創部したばかりの部活で誰も知識がなく、みんな楽譜だけを見て一生懸命練習していた。原曲を聴かないで練習するなんて今考えるととんでもない。その結果、原曲と比べると、高校のころの演奏は軽快さゼロ(みんな吹くだけで精一杯)、スローペースで重たい演奏だったなぁ。この演奏だともはやダイアナは「はー、よっこいしょ」って立ち上がるオバちゃんのイメージ。たぶんポール・アンカが憧れたのはオバちゃんのベビーシッターではないと思うんだけど。

この場をかりて、ポール・アンカに謝りたい。ダイアナのイメージを崩す演奏をしてすみませんでした。。。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ