脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロやラテンが流れる、脳みそを解き放つ仮想スナック

間引きしたレモンではちみつレモンを作る

実家にあるレモンが今年は豊作になりそうだ。

f:id:djangoro:20180930182548j:plain

まだ青いので写真だと葉っぱと区別がつかないのだが、わさわさと実がなっている。昨年はどういうわけか例年にない凶作で「どうしたんだろうねぇ」と母と首をかしげていたのだが、冬場や春先にちょこちょこと剪定したことが良かったのか、今年は大量に実がついている。

売るわけではないので、基本は農薬も撒かずにほったらかしにしている。単に一族郎党面倒くさがりというだけなのだが、結果的に無農薬栽培となり、安心して皮まで使うことができている。

もちろん黄色くなってからの方がレモンとしては美味しいのだが、青い実もライムみたいな味で、これはこれで美味しい。

間引きを兼ねて小さめの実を採ったので、はちみつレモンを作った。手元にあった瓶が小さめだったため、作り方はこんな感じだ。

レモンのはちみつ漬け

レモン 1個

はちみつ 適量

 

1.保存用の瓶を煮沸消毒する。

2.レモンをよく洗い、輪切りにして種を取り除く。

3.レモンを瓶に3分の1くらい敷き、はちみつを流し込む。ひたひたになったらまた3分の1くらいレモンを敷き、はちみつを流し込む。
レモンをすべて敷き詰め、はちみつを流し込んだら、冷蔵庫で3日ほど寝かす。

f:id:djangoro:20180930190134j:plain

レモンに含まれるビタミンCやクエン酸、はちみつの抗菌作用などにより、疲労回復やアンチエイジング、風邪の予防といった効果が期待できる。家族も「冬にはちみつレモン飲むようになってから風邪ひきにくくなったんだよね」と言っていたので、実際に効果があったようだ。うちでは、漬け込んだレモンの実も食べているので、より効果がアップしているのかもしれない。

炭酸で割ってレモネードにしたり、水で割ってレンジでチンしてホットレモンにすることが多いのだが、ハイボールに入れたり、ホットワインに入れたりしても美味しいし、ヨーグルトにかけて食べたりもできるので、作っておくととても便利な1品である。

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ