脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロやラテンが流れる、脳みそを解き放つ仮想スナック

かけめぐる青春/ビューティ・ペア

世代的には女子プロレスクラッシュ・ギャルズとか極悪同盟なのだが、曲としては「炎の聖書」よりもこの「かけめぐる青春」のほうが印象が強い。リアルタイムで観ていたわけではないが、曲の始めの「ビューティー・ビューティ・ビューティ・ペア〜」は知っていた。ひたすら自分たちの名前を連呼しているだけなんだけど。

f:id:djangoro:20180506222955j:plain

ビューティ・ペアは、全日本女子プロレス所属のジャッキー佐藤マキ上田が1976年に結成したタッグ。同年、この「かけめぐる青春」をリリースした。最初はレコードは売れないし、全女は客がこなくて経営破綻寸前だし…というなかなか悲惨な状況だったようだが、ハチマキを巻いたファンが少しずつ現れブームになっていったそうだ。

今までしっかりと聴いたことがない曲だったが、レコードを見つけたので買ってみた。力強いんだけど年頃の女子らしいさわやかさとひたむきさも感じる。「四角いマット」とかプロレス要素も歌詞に盛り込んでいるのに荒々しくなく、品がある感じ。


ビューティ・ペア かけめぐる青春

 

ちなみにB面の「真夜中のひとりごと」は乙女な恋愛ソング。アイドル路線を意識して男性ファンを獲得しようとしたのか、女子の共感を得ようとしたのかはわからないが、ヒットしたので結果的にはどっちも取り込めたのかもしれない。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ