脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐かしいもの大好きなマスターがひっそりと気ままに運営中

Mi China Colombiana/Tromboranga

みんなで香港映画ごっこをやっちゃいました的なノリの、ちょうどいい悪ふざけ感のあるMVがいいなと思った1曲。ちょっと中国っぽいフレーズをいれつつも、しっかりハードなサルサなところもいい。


Tromboranga "Mi China Colombiana" video oficial

どういうシチュエーションなんだよ、というツッコミはさておき。

トロンボランガは、スペインの人気サルサオーケストラBloque53 のバンドディレクターであるホアキン・アルテアーガが中心となり、2011年に結成したスペインのバンドだ。ホーンがトロンボーン3本のみという変わった編成なのだが、力強く硬派なサルサを聴かせてくれる。

こういう、ラテン音楽(特にサルサ)でトロンボーンがホーンセクションの中心となる編成のことを「トロンバンガ」というそうだ。

メンバーの出身地がヨーロッパ、南米の様々な地域であることや、60年代、70年代サルサの影響を強く受けていることもこの独特な編成を面白くしているのではないかと思う。

バンドのホームページを見てみたのだが、とにかくツアーで世界中を飛び回っている印象だ。また、毎年のようにアルバムを出しており、今年の3月にも「Tumbando Fronteras」をリリースしている。

レコードでもリリースしているようなので、あのパンチの効いたトロンボーンをレコードで聴いてみたいと思う。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ