脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロやラテンが流れる、脳みそを解き放つ仮想スナック

沖縄音頭/島倉千代子

ジャケットに「71年総踊り」とあることからわかるように、まだ沖縄返還前の1971年にリリースされたレコードである。「総踊り」とあるので、全員で踊ることを目的に作られた音頭のようだ。

f:id:djangoro:20180310204054j:plain

 沖縄らしさ満点のジャケットが素敵だ。そして若かりし頃のお千代さん、かわいい。お千代さんと岩崎宏美を思い出そうとすると、どうしてもコロッケの顔が出てきてしまうのだが、よく見ると顔は全然似てない(当たり前か…)。むしろ、ビジュアルはまったく似てないのに、度が過ぎたデフォルメでそっくりに見えてくるコロッケの凄さに思いを馳せてみたり。

私たちアラフォー世代は、お千代さんといえば「人生いろいろ」である。ものまね番組などバラエティーでも取り上げられたことにより子供からお年寄りまで皆が知っているヒット曲になった。当時は歌詞の意味など全然考えずに鼻歌を歌っていたが、大人になってからお千代さんの波乱万丈の人生を知ると、この歌詞の重みと凄さが理解できるようになった。

沖縄音頭を聴いてみると、今さらだが、歌が上手い人だ。たびたび喉の不調に悩まされ、後年は声量も落ちてしまったそうだが、その声量で精いっぱい表現する姿に心を打たれ共感した人が多かったのだろうし、その結果オンリーワンの存在になったのだろうと思う。

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ