脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロやラテンが流れる、脳みそを解き放つ仮想スナック

科学戦隊ダイナマン/MoJo、こおろぎ'73

1983年~84年に放送された特撮の主題歌。個人的には、特撮の中で一番の名曲だと思っている。


Dynaman Opening

 

地上制服を企む地底人の「ジャシンカ帝国」と若き科学者たちが戦うというのが大まかなストーリーである。主人公たちの年齢が18~22歳なので、本当は科学者じゃなくて研究センターのバイトの大学生なんじゃ…、でも、設定にツッコミを入れるのは野暮だよなぁなんて、子供心に思っていた記憶がある。

主題歌を歌っていたのはMojoとコーラスグループのこおろぎ'73である。

Mojoは1973年に「とみた いちろう」名義でフォークシンガーとしてデビュー。1978年に独立し、作曲家、スタジオミュージシャンとしても活動を広げていく。CMソングも歌っており、♪俺とお前と大五郎~でおなじみの焼酎「大五郎」や「パッとさいでりあなどが代表作である。

特撮やアニソンの主題歌では「Mojo」名義にしており、「大戦隊ゴーグルファイブ」や「釣りキチ三平」なども歌っている。

特撮の曲やアニソンは、数十年経った今聴いても本当にカッコいい。歌っている方の歌唱力の凄さを今さらながら感じている。当時はよくある子供向け番組と思っていたので(自分も子供なんだが…)、テレビから流れてくる曲をなんとなく聴いていただけだった。自分が大人になって会社の先輩たちとカラオケでダイナマンを大合唱することになるとわかっていたら、もう少し姿勢を正して聞いていたのに。

クールな子供だった自分にアドバイスができるなら、こう伝えたい。「特撮ソングとアニソンはものすごいコミュニケーションツールだから、なんとなくじゃなくてしっかり覚えておいた方がいいよ」と。たぶん子供時代の自分は「はあ、そうですか(苦笑)」って、つれない返事しかくれないだろうけど。

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ