脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロやラテンが流れる、脳みそを解き放つ仮想スナック

タンゴ真珠とり/リカルド・サントス楽団

1957年のヒット曲。ビゼーのオペラ「真珠採り」をもとに作られたタンゴである。レトロ感がある、きれいなブルーのジャケットが気に入って購入した。

f:id:djangoro:20180304193138j:plain

リカルド・サントス楽団は、1950年代から60年代にかけて活躍した楽団。この「リカルド・サントス」、本名はウェルナー・ミューラー (Werner Müller)でドイツ人である。当時、ラテン系の曲では「リカルド・サントス」名義で活動していたようだが、1970年代にレコード会社を移籍してからは本名に戻して活動したそうだ。最初のレコード会社が「タンゴとかラテンやるなら、名前もそれっぽい方が良くね?」みたいなノリで命名したのだろうか…。

曲は、一般的なタンゴのイメージよりは控えめで、美しく穏やかな曲という印象だ。どちらかというとイージーリスニングに近い印象である。


真珠とり / リカルド・サントス楽団

 他にも「リカルド・サントス」名義では、「ホリデイ・イン・ニッポン」、現在の天皇陛下皇后陛下の婚約発表をお祝いした「皇太子のタンゴ 」など日本向けの企画盤を複数出している。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ