スナック「ですとろい」

脳みそを解放してのんびり過ごしたいアラフォーの隠れ家スナック

気象神社へ行ってきた

気象神社へ参拝に行ってきた。ここは日本で唯一、お天気の神様が祀られており、気象や自然現象が大好きな私はかねてからお参りしたいと思っていた。

昼下がりにのほほんと電車に揺られてJR高円寺駅へ。南口の改札を出て数分歩くと氷川神社に到着した。気象神社はこの氷川神社の境内に鎮座している。

f:id:djangoro:20180218010851j:plain

この気象神社、そもそもは天岩戸から天照大神を連れ出した知恵の神様「八意思兼命(やごころおおもいかねのみこと)」を祭神として昭和19年に陸軍気象部の構内に作られた神社である。戦後の神道指令で除去されるはずだったが、調査漏れにより残ったため払い下げを受け、近くにあった氷川神社に引っ越したそうだ。

気象予報士制度が始まり、合格祈願に訪れる受験生が増えたことで広く知られるようになり、現在では結婚式などのイベントの快晴祈願に来る人が多く訪れている。また、季節やその日の天気によってデザインが変わる御朱印がポップで、集めてみようかと真剣に考えている。

まずは、氷川神社にお参り。こちらは勝負運や仕事運のお利益があるといわれるスサノオノミコトが祀られている。続いて境内の左手にある気象神社へ。神社の手前にある由緒などを読んでから参拝。

f:id:djangoro:20180218010949j:plain

社殿は2003年に再建されたもので、伊勢神宮と同じ神明造りになっている。

f:id:djangoro:20180218011106j:plain

「レアな気象現象に会えますように」とお願いをしてきた。神様としては「天気が良くなりますように、ってお願いしか受け付けないんだけど…」というのが正直な気持ちかもしれないが、まあ、そこをなんとか、ということで。神社の後ろには稲荷神社もあるのでこちらにもご挨拶。

参道の左手には、下駄の形をしたかわいい絵馬がたくさん掛けられていた。のぞいてみると、やはり結婚式をはじめとしたイベントの快晴祈願が多い。中には自らの雨男・雨女っぷりを何とかしてくれと祈願する内容や、台風ばかり遭遇するといったボヤキのようなものもあり、なかなか面白い。

小学校2年生の時に、自宅前の畑で5メートルほどの高さのつむじ風に遭遇したときの興奮が忘れられず、大人になった今でもちょっと変わった気象現象に遭遇するとついつい興奮してしまう。もちろん、遭遇しないに越したことはないものもたくさんあるのだが、生きている間にたくさんの気象現象を見てみたい。そういうわけで、気象神社の神様どうかよろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ