脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロやラテンが流れる、脳みそを解き放つ仮想スナック

スカイハイ/ジグソー

先週に続き、プロレスつながりで「仮面貴族ミル・マスカラスのテーマ」。このサブタイトルとジャケットで迷わず買ってしまった。

f:id:djangoro:20180127215243j:plain

↑ おそらく、フライング・クロス・チョップをしているところ。

この曲を聴くと「あー、ミル・マスカラスね」となるのだが、歌っている人、となると「…誰?」というが正直なところである。

そのいまいちピンとこない歌手と曲名だが、上の写真にもあるとおり、ジグソーというバンドの「スカイハイ」という曲である。

ジグソーは1966年にイギリスで結成。なかなか売れずレーベルを転々としていたが、1975年に香港・オーストラリア合作の映画「スカイ・ハイ」の主題歌としてリリースしたこの曲がヒットし有名になった。

発売当初、事務所は「どうせ売れないだろう」と数百枚しかレコードをプレスしていなかったそうだ。推されてなさすぎ…。

しかし、事務所のこの読みは当たっていたのか、その後ヒットはなく一発屋のような感じで1981年に解散したそうだ。

 


ジグソー** スカイ・ハイ

ミル・マスカラスのおかげなのか、今でもこの曲はBGMやスポーツ選手の入場曲に使われている。

ちなみにB面は「スポーツ行進曲」。全日本プロレスなど、日本テレビのスポーツ番組のテーマソングだ。こっちはジャイアント馬場のイメージで、徳光さんの顔がついでにちらついている。

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ