Popcorn/Hot butter

運動会の季節になると思い出す曲がある。ポップコーンという曲だ。

クイズ番組などのBGMに今でもよく使われるので、古い曲というイメージはなかったのだが、調べてみると1972年リリースと結構前の曲だ。

小学校の運動会で縄跳びを使ったマスゲームをやることになり、その時のBGMがこの曲だった。

当時はYMOライディーンがヒットした少し後で、テクノポップの曲がまだまだ流行っていた時代。運動会やら学校行事の入場・退場曲は、高確率でライディーンだった。いまだにライディーンを聞くとちょっと早足になる。そんなテクノブームの時代よりも10年近く前にすでにテクノっぽい曲が出ていたことにちょっと驚いた。

この曲のオリジナル版は1969年にガーション・キングスレイにより作曲された。キングスレイは、1922年生まれの94歳。電子音楽の先駆者の1人として知られ、ジャン=ジャック・ペリーとのユニット「Perry & Kingsley」として、ディズニーランドのエレクトリカルパレードで使用されている「Baroque Hoedown」の作曲もしている。

1971年にキングスレイを中心としたインストカバーバンド「Hot butter」を結成し、翌1972年にリリースしたのがこの「Popcorn」である。モーグシンセサイザーを使用したピコピコ音は、今聞いてもポップで古臭さはない。

 


Pop corn hot butter

この曲で縄跳びした人って他にいるのかな、と調べてみたところ結構いるようだ。全国的にPopcorn=縄跳びという思い出を持つ人は多いのかもしれない。

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ

広告を非表示にする