読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始にhuluで見た映画 その1

新年明けましておめでとうございます!

年末年始にようやくまとまった時間が取れるようになり、huluでちょっと前の映画を見たのでまとめてみた。

1本目「世界の果ての通学路」


映画『世界の果ての通学路』予告編

2012年フランス映画。ケニア、アルゼンチン、インド、モロッコの子どもたちの通学の様子を追ったドキュメンタリー。4組の子どもたちの通学がシャッフルされて映画になっているため、ちょっと分かりにくく感じるところもあるが、それぞれの置かれた環境で懸命に学校へ通う子どもたちを応援したくなる映画である。

アフリカだと車じゃなくてゾウに気をつけて通学するのか…というのが一番の驚き。

2本目「ミス・ポター


Miss Potter trailer

2006年アメリカ・イギリス映画。ピーターラビットの作者ベアトリクス・ポターの伝記映画。ナショナルトラスト運動のイメージが強いが、婚約者の死や、価値観の異なる両親との対立を乗り越え、作家として、女性として自立する姿はパワフルで、見習うべきところがたくさんあると感じた。

3本目「ヤギと男と男と壁と

2009年アメリカ映画。ジョン・ロンスンによるノンフィクション『実録・アメリカ超能力部隊』が原作である。アメリカ軍が超能力を使った特殊部隊を作り訓練をしていたというトンデモ内容なのだが、原作が「ノンフィクション」ということは本当にあったということで…。アメリカっていろんな意味ですごい国だなと思った。映画は新聞記者と、かつて超能力を使う極秘部隊にいたという男のロードムービー風になっている。

今年はもっともっと映画が見れるような年にしていこうと思う。