脳みそ解放スナック「ですとろい」

懐メロのレコードやラテン音楽が流れる仮想スナックです。

恋する惑星

1994年 香港 101分
監督:ウォン・カーウァイ
警官663号:トニー・レオン
フェイ:フェイ・ウォン
謎の金髪女:ブリジット・リン
警官223号:金城武

恋する惑星」(原題:重慶森林, Chungking Express)は、香港の雑居ビル・重慶大厦と飲食店「ミッドナイト・エクスプレス」を舞台にすれ違う恋愛模様をオムニバス形式で描いている。当初3編の予定だったが、この映画では2編となり、残りの1編は後に「天使の涙」として発表された。

麻薬取引ディーラーの金髪の女と、恋人にふられた刑事。店員フェイと、恋人にふられる警官というすれ違う2組の男女を軸にして展開する。よく見ると登場人物はみな若干、というかだいぶ変人ではあるが、この映画の不思議な雰囲気に合っていて違和感を感じない。


恋する惑星 Faye Wong フェイ・ウォン 夢中人

ウォン・カーウァイ出世作であり、金城武フェイ・ウォンの日本での知名度を一気に上げた作品である。クエンティン・タランティーノがこの映画を見て絶賛し、アメリカでの配給権を獲得して自身の映画レーベルで配給したというエピソードも残っている。

撮影を担当したクリストファー・ドイルのスタイリッシュで独特な映像に衝撃を受けたのを覚えている。香港映画ってコメディ要素たっぷりのアクション映画ばかりでしょ、という概念が思いっきり覆された1本であった。

レンタル屋でポップなジャケットに心惹かれて借りた映画だったが、今、もう1度見てみたら新鮮な発見がありそうな1本である。

 

 

広告を非表示にする