Life on Planet Groove/Maceo Perker

脳みそを解放する、と宣言してみたものの何から始めたら良いのだろうか。それすらすぐに思いつかないくらい頭が凝り固まってしまっていた。

まずはテンションあげていこうと思い、ノリの良い曲を聴いてみることにした。真っ先に浮かんだのがファンク界の重鎮メイシオ・パーカーの「Pass the peas」。

1992年にドイツで行ったライブを収録したアルバム「Life on Planet Groove」の中の1曲。JB's時代の有名な曲なので聞いたことがある人も多いだろう。

 


Pass The Peas - Maceo Parker

 

メイシオ・パーカーは1943年アメリカ生まれ。サックス奏者としてジェームズ・ブラウンのバンドであるJB'sに参加し知名度をあげ、その後はパーラメントなどのPファンクへの参加やソロ活動を中心に活動している。

御年73歳だが、世界を飛び回り精力的にライブ活動をおこなうそのタフさには驚かされる。

このアルバムは「Pass the peas」が聞きたくて購入したのだが、全体を通してお客さんのノリと盛り上がりがとにかく熱い!なお、このライブではゲストも2人参加している。ボーカルのキム・マゼルが参加したGot to Get Uやキャンディ・ダルファーが参加したAddictive loveもおすすめ。

メイシオの「2%ジャズ、98%ファンク」という言葉を肝に銘じ、本能で聞く1曲である。