怪僧ラスプーチン/ボニーM

突っ込みどころが多すぎて、使命感から買ってしまった1枚。

まずタイトル。なぜラスプーチンで歌を作ろうと思ったのか。

そして、ジャケット。ラスプーチンがテーマなのになぜ宇宙…。

f:id:djangoro:20171014192934j:plain

さらに、レコード上部のキャッチには「ボニーMが世に問う問題の人物とは…淫蕩、収賄と悪の限りを尽くした怪僧ラスプーチン!!」とある。社会派っぽい雰囲気にしているが、ラスプーチン帝政ロシア末期(日本でいうと明治・大正時代)の人なので、なぜ50年以上も前の人であるラスプーチン…と頭の中が?マークでいっぱいになった。

とりあえず、何の予備知識もなく聞いてみる。基本的にはいわゆるディスコサウンドだが、ワールドミュージック的な要素もあり、カッコいい曲だ。もっとコミックソング的な曲を想像していたので、いい意味で裏切られた。

 


Boney M - Rasputin

ところで、このボニーMは何者なんだ、ということで調べてみたところ、1970年代~80年代にかけて活動した西ドイツのグループであった。ミュージシャンであり、プロデューサーでもあったフランク・ファリアンがアフリカや中南米出身のメンバーを集めて作ったグループだ。実は男性ボーカルはメンバーではなく、ファリアン本人が歌っていた。

この「怪僧ラスプーチン(原題:Rasputin)」は1978年リリース。ディスコブームに乗り、日本でも大ヒットしたそうだ。この曲のヒットがきっかけで♪ジン、ジン、ジーンギスカーンで有名な「ジンギスカン」がデビューするきっかけになったとか。

ボニーMは歴史をテーマにした曲をいくつも歌っており、このラスプーチンもその中の1つと思われる。カバー曲も数多くリリースしていたようだ。

ジャケ買いの面白さは、ジャケットだけでは想像がつかないようないい曲に出会えることだ。

ついつい買いすぎてしまいそうなので、気をつけようと思う今日この頃である。 

Popcorn/Hot butter

運動会の季節になると思い出す曲がある。ポップコーンという曲だ。

クイズ番組などのBGMに今でもよく使われるので、古い曲というイメージはなかったのだが、調べてみると1972年リリースと結構前の曲だ。

小学校の運動会で縄跳びを使ったマスゲームをやることになり、その時のBGMがこの曲だった。

当時はYMOライディーンがヒットした少し後で、テクノポップの曲がまだまだ流行っていた時代。運動会やら学校行事の入場・退場曲は、高確率でライディーンだった。いまだにライディーンを聞くとちょっと早足になる。そんなテクノブームの時代よりも10年近く前にすでにテクノっぽい曲が出ていたことにちょっと驚いた。

この曲のオリジナル版は1969年にガーション・キングスレイにより作曲された。キングスレイは、1922年生まれの94歳。電子音楽の先駆者の1人として知られ、ジャン=ジャック・ペリーとのユニット「Perry & Kingsley」として、ディズニーランドのエレクトリカルパレードで使用されている「Baroque Hoedown」の作曲もしている。

1971年にキングスレイを中心としたインストカバーバンド「Hot butter」を結成し、翌1972年にリリースしたのがこの「Popcorn」である。モーグシンセサイザーを使用したピコピコ音は、今聞いてもポップで古臭さはない。

 


Pop corn hot butter

この曲で縄跳びした人って他にいるのかな、と調べてみたところ結構いるようだ。全国的にPopcorn=縄跳びという思い出を持つ人は多いのかもしれない。

 

 

広告を非表示にする

Quizás, quizás, quizás/Nat King Cole

せっかくレコードプレーヤーを買ったのだが、肝心のレコードがない。というわけで、レコファンに中古レコードを買いに行った。

350円以上の商品を5点以上買うと各商品200円引きというまとめ買いセール中なので、何が何でも5点以上買うぞ、と気合いを入れてレコードを探した。最近はyou tube等でどんな曲か試聴してから購入を考えることが多かったので、ジャケ買いは10年ぶりくらいかも。棚を漁り続け、気づいたら2時間近く経っていた。

今回買った中の1枚がこの「Quizás, quizás, quizás」だ。

f:id:djangoro:20171009190758j:plain

「Quizás, quizás, quizás」は、キューバオスバルド・ファレス (Osvaldo Farrés) が1947年に発表した。トリオ・ロス・パンチョスやビング・クロスビー、ザビア・クガート楽団など多くの歌手やグループが演奏しているラテンのスタンダード曲だが、一番好きなのは今回買ったナット・キング・コール版である。

 


Nat King Cole - Quizás quizás quizás (Actuacion en español) HQ

 ナット・キング・コールは1919年生まれのアメリカのジャズピアニスト・歌手である。父親が牧師、母親が教会のオルガン奏者で、母親からオルガンを教わった。1930年代はピアニストとして「ナット・キング・コール・トリオ」を結成して活躍。1950年以降は歌手として次々とポピュラーソングでヒットを飛ばしたが、人気絶頂期の1965年に肺がんのため死去。45歳の若さだった。歌手のナタリー・コールは娘である。

ナット・キング・コール版「Quizás, quizás, quizás」は、1958年リリース(ただし、この日本版レコードがいつ発売されたのかは不明)。スペイン語の歌詞の内容は、男性が女性にいろいろ尋ねるのだが、いつも「たぶんね」とはぐらかされてしまうというものだ。1960年代の香港を舞台にした映画「花様年華」(2000年公開)の劇中で効果的に使用されており、登場人物の気持ちをよく表していた。

 

この曲以外にもラテン系の曲を数多く歌っており、ラテン・アメリカ曲集アルバムを3枚製作している。レコードのライナーノーツには「中年の女性を悩殺しそうな唄い方」と書かれているが(なかなかインパクトがある表現…)、ナット・キング・コールの甘さと渋さを兼ね備えたベルベット・ボイスはラテン音楽を情熱的なだけでなく、上品なものにしている。

 

f:id:djangoro:20171009191833j:plain

ちなみに、B面の「テキエロ・ディヒステ」も「花様年華」で使用されている。こちらはライナーノーツのとおり「中年の女性を悩殺しそうな」大人の曲である。

 

 

数十年ぶりのレコードプレーヤー

子供の頃まだCDはなく、音楽といえばレコードやカセットだった。小学校高学年になると音楽ソフトはCDに取って代わり、レコードは一時期絶滅寸前となった。

最近、アナログレコードやカセットの良さが再評価されるようになり、懐かしいレコードを聴いてみたくなった。母の実家にレコードがまだ結構残っていたような、と思いおじさん(母の兄)に聞いてみたところ

「あ、処分しちゃった…」

という残念な答えが返ってきた。おじさんにとっては単なる古いガラクタだったのかもしれないけど、実にもったいない。もっと早く聞いてみればよかったと後悔した。

仕方がないので、どんなレコードを持っていたか母にリサーチしたところ、学生時代はビートルズグループサウンズが全盛期で、母は洋楽やタイガースなどをよく買っており、おじは演歌や歌謡曲のレコードなどを結構持っていたらしい。

母やおじが昔聴いていたレコードをまた集めて再現できたら面白いだろうな、と思いレコードプレーヤーを買うことにした。

…といっても、オーディオ機器のことはさっぱりわからないので、

・操作が簡単

・プレーヤーだけ買えば聞ける

この2つの条件だけで探すことから始めた。

昔、家にあったレコードは、大きなスピーカーとか線とかいろいろつないでいた記憶があったので、機械オンチでも簡単に使えるものなんてあるのかなぁ、と不安だったが、ネットで検索したら結構あっさりと見つかった。

ION AUDIOのArchive LPである。

スピーカー内蔵なので、これ1台あればレコードが聴ける。コンセントを入れてレコードをセットすればそれでOKである。

しかも、お手頃価格である。Amazonでは6000円台だ。数万円するんだろうなと思っていたので、こんなに安いのかとびっくりした。

さらに調べてみたところ、このArchive LPにダストカバーやイヤホンジャックがついたMax LPという機種があることが判明。レコードを聴くとしたら帰宅後の遅い時間になることが予想されたのでイヤホンがついているMax LPを購入。

 

f:id:djangoro:20171001200250j:plain

こちらはAmazonで8400円くらい。色は黒と木目調の2種類。今回購入した黒はツヤがあるタイプなので天井の電気が映ってしまっている…。

こちらは背面。電源や外部接続用の端子などがある。

f:id:djangoro:20171001200309j:plain

なんとUSBもついている!今どきのレコードプレーヤーは音声をデジタル変換してパソコンやスマホで聞くこともできるそうだ。今回、数十年ぶりにレコードプレーヤーを手にして一番驚いたことだ。技術の進歩ってすごい。

イヤホンジャックは手前についている。

f:id:djangoro:20171001200316j:plain

早速イヤホンを使ってみる。

あれ?音が漏れている?もう1度差し込み直すがやはりスピーカーからシャカシャカと音が漏れている。静かな部屋ならイヤホンを差し込んでても、スピーカーからそのまま音楽が聴けてしまうレベルである。とはいえ、ボリュームを上げてもシャカシャカ音が大きくなるというわけではなく、ご近所に影響があるような音量でもないのでまあいいか。

電源入れて、レコード置いたらすぐに聴けたので本当に簡単だった。今度、懐かしの曲を探しにレコード屋へ行こう。

 

 

Joseito/La Maxima 79

イタリアのバンドで「ラ・マヒマ・セテンタ・イ・ヌエべ」と読む。12人編成のバンドのようだが、あまり情報がないグループという感じだ。英語とかイタリア語だからよくわからないだけかも。

2016年リリースの2ndアルバム。ヨーロッパのちょっとおしゃれなサルサというよりはスタンダードな中南米サルサのような印象。テンポのいい曲が多いので、ダンスにぴったりのアルバムである。

 


LA MAXIMA 79 - JOSEITO (Official Video Lyrics)

 

イタリアでは陽気な国民性にあっているのか、サルサは人気があるらしい。ということは結構ミュージシャンもいるはずなので、探してみるのも面白そうである。

広告を非表示にする

ふるさと納税に挑戦

大人の義務、それは納税。国民の義務だと小学校高学年か中学くらいで習った。当時は「ふーん」という感じでピンとこなかったのだが(当たり前か…)、社会人になって給与明細を見たり、自分で確定申告をおこなうようになると「結構払ってるなあ」とひしひしと感じるようになった。

どうせ払うなら、ちょっとでもお得な方がいいに決まってる!ということで人気のふるさと納税に挑戦してみた。

 

ふるさと納税とは?

応援したい市町村(自治体)に寄付をすると、寄付金から2000円引いた金額が税金(所得税・住民税)から差し引かれる制度。自治体によっては米や肉などのお礼の品をくれるため、人気がある。

ざっくり言うとこんな感じだ。

とはいえ、所得税や住民税として払っていたものの一部が寄付金というかたちになっただけで、払う金額は変わっていない。それどころか、2,000円足が出ていることになる。それじゃあ、損してるのでは?と思うところだが、お礼の品(返礼品)というのがミソである。

この返礼品が2000円相当以上のものが多いことから、ちょっとお得になるのだ。お米、お酒、お肉など種類も豊富でいろいろ選べるのが楽しい。いつもの税金分の金額+2,000円でお米やお肉などをもらえるのであれば家計も助かるし、自治体にとっても収入が入ることとなり、お互いに嬉しい制度となっている。

 

★どうやってやるの?

自治体のサイト等で直接受け付けているところもあるが、最近はふるさと納税サイトを使用している自治体が多い。使いやすさや管理のしやすさなど考えると、こうしたサイトを使用したほうが便利である。

メジャーどころでは下記のサイトがある。

さとふる

ふるさとチョイス

楽天ふるさと納税

 ソフトバンク系列の会社が運営し、初心者でも使いやすい「さとふる」、全自治体のふるさと納税情報を網羅している「ふるさとチョイス」、寄付金で楽天ポイントが還元される「楽天ふるさと納税」とそれぞれに特徴がある。今回は初めてのふるさと納税ということで「さとふる」を使って挑戦することにした。

★さとふるを使ってみる

①会員登録

登録しなくても使えるが、いくつかの自治体にふるさと納税しようかな…という人は会員登録した方が便利。次に手続きするときに簡単になるし、寄付した履歴も管理できるからだ。

②控除額のシミュレーション

年収や家族構成等によって控除の限度額が変わってくるため、トップページ左側の真ん中あたりにある「控除額シミュレーション」を使っていくらまで寄付できるかをチェック。

年収と家族構成だけ入力する「簡単シミュレーション」でもOKだが、もし、手元に源泉徴収票があるのなら「詳細シミュレーション」をおすすめしたい。

ヘルプがついており、源泉徴収票のどこの数字を入力すればよいかわかるようになっているので、いまいち源泉徴収票の見方がわからないんだよね…という人でも大丈夫!

③寄付する自治体を選ぶ

「やっぱ地元でしょ!」とか「ここのお米が美味しいんだよね」など、応援したい自治体を選ぶ。寄付したい自治体の返礼品を選んだら「カートに入れる」をポチっとする。

④寄付情報の入力と確認

 入力ミスがないか、よく確認してひたすら待つ。

 

そして6日後…

 

f:id:djangoro:20170912172019j:plain

 

お米10キロ。結構早く届いてびっくりした。「さとふる」は配送の状況もわかるようになっているのがとっても便利。

f:id:djangoro:20170912172305j:plain

寄付証明書は返礼品とは別に郵送される。「さとふる」のHPによると、申し込み完了からだいたい2か月後に届くようだ。また、サラリーマンで、寄付した自治体が5つ以内の場合は「ワンストップ特例制度」を使うと確定申告をしなくてよいので便利である。

実際、やってみたらネットショッピングと似たような感覚で全然難しくなかったので、あと1、2箇所追加で寄付しようかなと思う。

 

コンバースNEXTARが思いのほか軽くて歩きやすい

最近やめたものがある。ハイヒールを履くことだ。

若い時は、少しでも背が高く、スタイルよく見えるように、とハイヒールばかり履いていた。しかし、ここ数年、夕方になると足がむくんで痛くなるようになった。もともと足の横幅が広く、合う靴が少ないことも原因かもしれない。仕事の時くらいはきちんとしてなきゃ…と思い我慢していたが、ある日あまりの痛さに「こんなの人間の履くもんじゃねえ!」とブチ切れ、脱ハイヒールを固く決意した。

そんな訳で最近は、ユニクロや無印で購入したフラットシューズで過ごしているが「もっと歩きやすくて、仕事場でもOKな靴を!(ついでに値段も安いもの)」と思い、探していたところコンバースから6月に新しく出た「NEXTAR」に遭遇した。

コンバースALL STARは靴底がしっかりしている分、履いた時に重さを感じてしまうことから、欲しいと思いつつも「絶対足だるくなるよなぁ…」と思い今まで断念してきた。NEXTARを近所の靴流通センターで見つけ、試しに履いてみたところ靴底がしっかりしているのに軽く、値段も4500円くらいだったので即決。オフィスカジュアルでもあわせやすい白を購入した。

 

f:id:djangoro:20170827001929j:plain

ぱっと見ALL STARとデザインは似ているのだが、軽量化され、インソールにはクッション性に優れたEVA素材というものが使われている。実際に履いて歩きまわってみたが、とても歩きやすい。何よりも足が痛くならないのが嬉しい。

体に負担をかけないおしゃれ、というとカジュアルすぎるかおばちゃん臭くなりがちだが、最近は、スポーツミックス系の服が増えてきたため、選びやすくなったなあという気がする。オフィスカジュアルOKなら通勤で着られるものも多いので、健康管理の意味でもどんどん取り入れていこうと思う。